レイキヒーリング

レイキはどのように働くのでしょう?

私たちは流れる生命力に満たされ生きています。この生命力は、"チャクラ"や"経絡"および"ナディ"と呼ばれる路を通って身体内を流れています。私たちがオーラと呼んでいるエネルギーの分野にも関係し、私たちの心身の周りを放っています。この生命力は身体の器官や細胞の隅々に栄養を与え、各器官の機能を支えています。この生命力の流れが乱されると、身体の器官の1つ、もしくはそれ以上の機能が低下します。

生命力は思考や感情にも反応し流れを変えます。意識的にまたは無意識のうちに自分自身に関する否定的な考えや気持ちを受け入れていると、生命力の流れが混乱することになります。これらの否定的な思考や気持ちは、各エネルギー分野に取り込まれ、生命力の流れに混乱を引き起こし、身体の器官や細胞の生命機能を低下させます。

レイキによる癒しは、正のエネルギーで、ダメージを受けた患部を流れ、生命力を充電します。それは負の思考や感情が付いている身体の中や周りのエネルギーの振動レベルを引き上げます。この振動により、負のエネルギーの塊が分裂して壊されます。 そうすることで、レイキはエネルギー経路を浄化し、副作用のない健全で自然な方法で本来のあるべく流れを取り戻していきます。

 

レイキは何をしてるの?

もう少し具体的に見て、レイキはどのように緊張を解放し、体を癒しているのでしょうか?

その質問にはまだ答えがありません。レイキの効果を証明する研究データ(心拍数、血圧、ストレスホルモンの低下、免疫力の増加など)は増えつつありますが、これらの効果を引き起こす原因や、ヒーリングにより気が流れる経路に関する広データが足りていません。

広範囲で早く効果の得られるレイキの反応は、多くの身体組織を司る複雑なプロセスを、同時にまたは素早く連続してヒーリングを施していきます。そして、"戦うか逃避か"というストレス優位の反応から、緊張を緩める反応へと導くとこにより、自然治癒力を高めます。

研究者の中には、レイキの身体・精神・感情・精神的な治癒効果が、自然科学の立場では生命の分野として何を言及するべきか改めるきっかけになると唱える人もいます。

レイキは決して害を与えません

レイキは神の意志によって導かれるので、決して害を及ぼすことはありません。常に人が何を必要としているのかを知っていて、足りないところへは分配・補充されるようにできているのが宇宙の法則です。常にふさわしい効果が与えられます。

レイキを与えるか、受けるかについて心配する必要はなく、それは常に助けになります。施術者自身は治癒を指示せず、何をやるべきか、何をどう癒すべきかを決定しないので、施術者はクライアントのカルマを受け継ぐ危険性がありません。施術者自身は万有の神の道具となり、自ら治癒をする意思はもたず、神の道具となるため、エゴ(うぬぼれ)を捨離することが容易くなります。神や宇宙の存在をはっきりと感じられるでしょう。

 

レイキ 英語版公式WEBサイト