[PR]

パソコンのキーボードが壊れ、スマホのバッテリーが熱くなったまま動作不良に陥り通信運が下がっていました。そこに、インドの義姉の出産が今月1日にあったことも重なり、暫く更新が滞ってしまいまいました。

今日はインドの姪が出産11日目を迎え。僧侶を迎えて命名式が行われました。インド星占術のもと、名付けられた名前はディークシャー(दीक्षा)です。「入門儀式で師より戒を受けること、マントラを授けること、洗礼」などの意味があります。

命名式まで「ディパワりに近い時に生まれたので(富、財、幸運を招く)ラクシュミー(लक्ष्मी)が良い」という意見が多かった中、「ワシが知っているラクシュミーは皆勉強は嫌いだし、貧乏だからこの名前は良くない」など言いたい放題でした。おしゃべりばかりするとエネルギーを消耗してしまう私とは違い、彼らは話し続けないと死んでしまうそうです!^^:

インドの携帯電話の通信費の安さはインド人のおしゃべりをさらに助長してます。この厳しい価格競争ではドコモが撤退するのも当然の成り行きなのかもしれません。昨日はエアテルという会社のSIMに電話料金をリチャージしたところ、119ルピーで28日間無制限話し放題、SMSが300通まで送信できます。(最近の現地の為替レート1000円が620ルピーほどです。)

それで、本日の命名式の後はあっさり名前が決まり、今日まで名付けのことで散々議論されてきたことが娯楽に終わり、皆が「ディークシャー、ディークシャー」と一つの名前を呼ぶようになりました。インド人たちの星占術への絶対的な確信と信頼を見て、私もモチベーションが上がりました。

こんな調子で20日頃までまだ行事がいろいろとあり、こ忙しい日が続きそうですが、コツコツ続けていきます。以前こちらで紹介したテキストに加えて、もう一つヒンディ語テキストを追加します。以前購入したテキストの2、5倍の厚みがあるので敬遠していましたが、こちらのテキストの方が初歩の解説が丁寧なので、あちこち検索することが減りました。インドのテキストにも度々ある誤字脱字、計算ミスだけは無い事を祈ります。

本のタイトルは 「ジョーティシーヤ カゴール エーワン ガニト シッダーント」、著書 ドクター マノーズ クマール と ドクター スシール アグラワール

こちらのテキストは前半は天文学基本用語解説で、後半は自ら計算しながら作る手順を解説しています。今やコンピューターでホロスコープの作成は可能ですが、本日の命名式のパンディットも加え、手計算することを推奨する人も多くいます。

当分は前回紹介した「ジョーティシュ スエム シーキエ」と併せて、内容紹介していきますね。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

おすすめの記事